社会福祉法人   新潟もぐら会

新潟もぐら会について


新潟県心身障がい者タウンホーム構想第1号として、新潟もぐらの家が誕生しました。これが、新潟もぐら会の始まりです。

 

就職または自力で生活することが困難な障がい者で、日常生活の基本的な動作が自立し、かつ一定の作業能力を有するものを対象と し、「共に生き」、「共に支え合う」ことを信条として各々の能力に応じ、目標を定め地域社会の一員としての責任を果たすことを基本理念としています。

 

現在運営施設は4施設あります。それぞれの事業所について詳しくは施設一覧をご覧ください。

なんで「もぐら」なの?


 「もぐらの家という名前はどんな意味がありますか?」とたずねられることがよくあります。きっと変な名前だなと感じられるからでしょう。

力もなく姿も見栄えしないもぐら、いつも土の中で生きている、それでももぐらには生命がある、与えられた生命を、一生けんめい生きている、黙々と。
今の世を、私たちも一生けんめいに力を合わせ助け合いながら、一人一人をかけがえのない大切な存在として愛し合う群れがもぐらです。(マスコットは「もぐらちゃん」です。)

古着提供のお願い(ウエス作成用)


もぐら工房で制作、販売しているウエスの材料となる古着を、別記の拠点にて回収を行っています。ご家庭で不要になりました古着をご提供お願いします。

 

古着の回収は、区役所、イオンショッピングセンター等にご協力いただいております。詳しくは下記PDFをダウンロード、またはウエス材料回収についてのページをご確認ください。 

ダウンロード
ウエスの材料の古着のご提供お願いします
市内のいたるところで、回収しています。
もぐらウェス材料回収場所.pdf
PDFファイル 683.8 KB

お知らせ


●2016.08.01  ホームページリニューアルしました

●2016.10.11  お知らせ

●2019.07.16  ウエス回収ステーション 北部総合コミュニティセンター移転について

●2019.09.01  ウエス製品の価格改定及び消費税率引き上げについて